大解剖!ウォーターサーバのメリットとデメリット


ウォーターサーバーを導入することにより得られるメリットとしては、ペットボトルを購入して持ち運ぶ手間が省けることや捨てる手間を省くことができることがあげられます。 水は重たいですから持ち運ぶのは大変です。空き容器の片付けも手間がかかります。 ウォーターサーバーにすることにより、そのような手間を省くことができます。また、いつでも冷たい水やお湯を使うことができるようになります。お湯と冷水を混ぜれば、適温のミルクや飲み物をいつでも作ることができます。 電気代は電気ポットと同じか半分程度といわれていますので、電気代に関しても経済的です。 水の備蓄ができるため、緊急時にも対応することができます。デメリットとしては、水の料金が高めということがあげられます。 コンビニなどで購入するよりは安いところも多いですが、量販店など安いところを利用することに比べると高めということがあげられます。 サーバー代も必要になります。最近では無料の業者も増えていますが、サーバーのレンタル料やメンテナンス費用などについても事前にチェックが必要です。それなりのサイズになってしまうため、場所をとるということもあげられます。 ウォーターサーバーの設置にどのくらいの場所が必要なのか、事前によく調べてから導入することが必要です。 最近では卓上型のウォーターサーバーもありますので、スペースがないというご家庭では卓上型についてもチェックしておくとよいです。